読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おにぎり握るように愛してくれない?

キラキラした男の子達のこと

地方在住社畜系北山担による #自担大賞2015

年末です!素敵企画を見つけて、書きたくて書きたくてうずうず!!していましたがやっと便乗できました~!社畜系ヲタクの必須アイテム、最新型ブルーレイレコーダー(1TB)を昨年の冬のボーナスで買ってまる1年。自担のお仕事を記録し続けてきたレコちゃんを労うとともに、そのお仕事を振り返ってみました!

nuuuuuuun.hatenablog.com

 

 

★キスブサ部門

正直北山くん以外のメンバーも含めて、年間のキスブサを見直してからキスブサ大賞っていうエントリを書きたいくらいには私はキスブサという番組が好きです。だからこそ最近のマンネリ化が悔しい。もっとエッジの効いたお題があるだろ!!と思いながら北山くんだけを見直してみました。

大賞:6/8放送 仕事で落ち込む後輩をキュンとさせる『耳つぶ』

悩みに悩みました。次点は3/27放送の「スケート場でのカッコいい声のかけ方」です。このスケート場の北山くんはスピードスケート用の靴を履き(他のメンバーは普通のスケート靴)、女の子の前に颯爽と現れ(うざいくらいに氷を削りながら立ち止まる)、「笑顔素敵ですね」と声をかけ「今まであなたに会えなかったことを恨んでるくらい今あなたに夢中です」と言ってのけます。いやいやたった今会いましたやん!?ってツッコみたくなるくらいただのクソチャラナンパ師でしかなくて本当に最高でした。一緒にペンギン探しに南極でも北極でもどこまでも行きたいけどたぶんこれみんなに言ってるやつ…って思いながら手を取るしかないんですよね!!かっこいいから仕方ねえ!!

でもこれを超えるものが「耳つぶ」です。ノールックでマイコを呼び出すメモを差し出し、誰もいない死角でマイコを待ち受ける北山先輩。「怒られちゃったね 大丈夫?」とマイコの耳元でつぶやく。ちょっと掠れた声が死ぬほどセクシー。マイコを励まして肩パンで送り出したあと、その手をちょっと強引に引っ張ってソフト壁ド――――ン!そして最高の決め台詞を耳つぶしてくれるのです。

「俺 こういう事 誰にでもいうわけじゃないから」

知ってる!私知ってる!こういう事いう人に限って誰にでも言ってること知ってる!!知ってても黙って北山先輩に惹かれていくしかないんですけどね…!というわけで二つに共通して言えるのはクソチャラい北山先輩が私のタイプだということです。

 

★歌番組部門

私のレコーダーに残ってる今年出た歌番組を見返すまでもなく大賞はこれしかないのです。

大賞:7/29放送 FNSうたの夏祭り

そうです。伝説の「キッスだま(しぃ)」。長丁場の歌番組で出番がなかなか来ず、焦らしに焦らされた終盤にトークも前振りもなく登場した7人の圧倒的なパフォーマンス。中でも北山くんのビジュアルは神がかっていて、時間がめっちゃあったはずなのに、真っ黒の伸びた髪の毛を左に流しただけのセット。しかしそのセットがこんなキセキを生み出すわけです。

f:id:KKBxxx:20151223200255j:plain

何この悪魔感!!!

歌い出しのメンバーソロカット一発目がこれって!びっくりするわ!心臓に悪いわ!ちなみにこの日はその他のメンバーもばっちりスイッチが入っていて、二階堂くんも最高のビジュアルだったし、藤ヶ谷くんの「キッスだましい~」っていうソロフレーズも今までのどの歌番組よりもセクシーで色っぽいんですが。ですが!北山くんはなんていうかひとり突き抜けてて…TLでみんなが「待ち時間に女抱いただろ!?」って言ってて、いやもうその通りだろ…っていうしかないようなみなぎり方だったわけで。そして大サビ後の北山くんパート「キッスだましい~」で事件が起きてしまったわけで。

f:id:KKBxxx:20151223195435j:plain

これキャプ画じゃなんにも伝わらないけど、歌詞としては「キッスだましい」って力強く歌うパートなんです。でも北山くんは何を思ったのか「キッスだま」までマイクで言って、「しい」でマイクをはずしたんです!!!!!全北山担が腰を抜かした瞬間です(言い切る)このしてやったりっていう顔!!お前らこういうの好きだろ?やってやったぞありがたく思えよっていう顔!!ムカつくくらいにカッコイイわ!!!くっそー!!!

そして「キッスだま(しぃ)伝説」として後世に語り継がれていくわけですが、9.20の東京ドームのコンサートでまた彼は新たな「キッス(だましぃ)伝説」を作り上げたわけで…。これはコンサートDVDが発売されてからのお楽しみにしておきます。

 

★バラエティ部門

レギュラー

・OLくらぶ

・キスマイGAME

・キスマイ魔ジック

単独レギュラー

・世界の日本人妻は見た!

不定期レギュラー

もしもツアーズ

中居正広のミになる図書館

ゲスト出演

・オモクリ監督

・大人のKISS英語 

世界一受けたい授業

・林先生が驚く初耳学

・プレバト

くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館

・世界72億人まとめTV

・痛快TVスカッとジャパン

・ネプリーグ

中居正広の6番勝負!

ざっとレコをみながら書き出してみたらこんなものでしょうか!抜けがあったらごめんなさい。色々あるけどやっぱりこれかなと思います。

大賞:世界の日本人妻は見た!

どの回がよかったというわけではなく、単独レギュラーをとったことに大賞をあげたい。番組としてはVTRがほとんどで、スタジオが映るのは数分、北山くんのところだけ編集したら2分にも満たない回がほとんどだが、それでも全国ネット、ゴールデンタイムのレギュラーを勝ち取った意義は大きいと思います。北山くんがこの番組に出始めた経緯がとても好きで、直談判だっていうんですよね。出たい!と思って直談判して、まずはゲストから出させてもらい、少しずつ自分の居場所を作っていって、半年くらいかけて6月についに正式にレギュラーになった北山くん。出川さんとのコンビ芸もなかなかのもので「デガキタコンビ」なんて番組からも愛されてコーナーができたり。この貪欲さがとっても北山くんらしくて好きです。この番組のターゲットは30~60代の主婦層だと思うけど、きっとキスマイを知らないひとがたくさんいる層だと思う。そこに斬り込んでいく決意をして飛び込んだ北山くんの勇気と、しっかりと有言実行でひとつの仕事をモノにした北山くんの力にあっぱれ!!っていう感じです。時間帯的に社畜にはリアタイが厳しいのでなかなか見れてないんですけど(小声)

 

★演技部門

部門を作るまでもないんですが、来年はもっと北山くんに演技のお仕事が来ることを祈って!

・採点彼氏 中山陽一

・一千兆円の身代金 石崎学

・サイレーン 速水翔

大賞:サイレーン 速水翔

採点彼氏も、石崎くんも最高だったけどやっぱりなんといってもチビデカちゃんがコトイチの演技のお仕事だったのではないかと思います。速水くんは上昇志向の強い嫌味な人で、他人を蹴落とすことをなんとも思わないような嫌われ者のキャラクター。だけど北山くんが雑誌のインタビューで「ただのイヤなヤツで終わらせたくない」と言った通りに、8話では意識不明の同僚のために声を荒げて取り調べを行うという人間臭さもにじませます。一番好きなシーンは、最終話で課長から呼び出されて捜査一課への栄転が告げられた場面。それまでさんざん足を引っ張った里見と猪熊に「色々悪かったな」と声をかける速水。里見に「チビデカ先輩」とからかわれて不服そうな表情を浮かべるところも人間臭さに溢れていてとてもよかったです。

 「ただのイヤなヤツで終わりたくない」って言った北山くんの言った通りになったんですよ!!有言実行!!さすが!!チビデカちゃんというあだ名で呼ばれる原作にはないオリキャラを演じきった北山くん。家族狩りに引き続き、骨太な脚本でしっかりと役を当てられてそれを演じきる北山くんが誇らしくてしょうがない。あと、今回のドラマではクレジットから「Kis-My-Ft2」の表記が消えたのが地味にうれしかったかも。北山くん一個人が役者として認められたのかなあって。グループの名前を売るためにドラマに出る時期は終わったのかもしれない。これからもっともっと北山くんに演技のお仕事が来ますように!!

 

残り二つはレコちゃんからではないのですが、備忘録として。

★楽曲部門

単純に2015年にリリースされたCD・アルバムの中から、北山くんが関わっている楽曲のみピックアップして、そのなかで一番好きな北山くんの歌声が聴ける楽曲を選びます。 

Kiss魂 (通常盤)

Kiss魂 (通常盤)

 

Kiss魂 / Shake Body!! / サクラヒラリ / Past & Future

KIS-MY-WORLD(通常盤)

KIS-MY-WORLD(通常盤)

 

Brand New World / Follow / if / 証 / KISS & PEACE / ドキドキでYEEEAAAHHH!! / Halley

AAO

AAO

 

 AAO / NOVEL / Let it BURN! / 負けないで

最後もやっぱり君(通常盤)

最後もやっぱり君(通常盤)

 

 最後もやっぱり君 / Last Lover / On Your Mark / 君のいる街

 

大賞:負けないで「ずっと僕は待ってるから 君を待ってるから」

Followの「輪郭を帯びたベースライン~」も大好きだし、ドキドキでYEEEAAAHHH!!の「超でっかい夢君と見たいから~」も好きだし、最後もやっぱり君の「あるだろう」だってもちろん候補でした。ただやっぱり一番ぐっと来た歌詞&歌声となると、この曲のここなのかな、と。

この負けないでという楽曲、歌い出しも北山くんの「もうすぐに雨も上がり 虹はかかるだろう」というフレーズから始まるんですが、その歌声の力強さに聞いた瞬間涙腺が刺激されて仕方なくて。メンタルがやられていて、Twitterからも少し距離を置いていた時に聞いたせいもあるかもしれないんですが、こんなに染みるかね?と疑いたくなるぐらいぐっときました。そして落ちサビの「ずっと僕は待ってるから 君を待ってるから」で私の涙腺は崩壊しました。歌い出しの力強さに加えて、でっかい懐を感じさせるような歌い上げ方。焦らなくてもいいから、ついてきてね、って言われている気がしました。私のヲタ卒はこうやって遠のいていくんだなあと思いました。

 

★現場部門

今年の北山くんの主な現場ドーン!(※番協は除く)

滝沢歌舞伎 10th Anniversary

 ・4/8~5/17 @新橋演舞場(全52公演)

 ・8/18~8/23 @マリーナベイサンズグランドシアター(全8公演)

2015 CONCERT TOUR KIS-My-WORLD(全11公演)

 ・8/29~8/31 @大阪ドーム

 ・9/12~9/13 @福岡ドーム

 ・9/17~9/20 @東京ドーム

 ・10/28~10/29 @名古屋ドーム

ジャニーズカウントダウン 2015-2016 @東京ドーム

自分が行ったのは、歌舞伎@新橋3公演、歌舞伎@シンガポール3公演、大阪初日、福岡両日、東京3日間でした。

大賞:キスマイワールド9.17@東京ドーム 

やっぱり北山くんの誕生日は何にも代えられません。もちろんシンガポール千秋楽でタッキーのフライングを迎えた北山くんも永遠に心に残っていますが、5万人を超えるファンと6人のメンバーにステージ上で30歳の誕生日を祝われた北山くんをこの目で見れた現場を超えるものは今後もないのではないかと思います。自担の誕生日ってこんなにうれしいのか!と。ひとの誕生日で泣いたのは初めてでした。サクラヒラリでは、7色にカラーチェンジするペンライトを使った演出があり、それを先導するのは毎回北山くんの役目で、この日も北山くんは危なげなく進行していましたが、5万人のヲタクと今回のサプライズの首謀者でもあった藤ヶ谷くん以下メンバーたちはそわそわして気が気じゃなかった(と思います)。かくいう私も足ががくがくで、双眼鏡とペンライトを持つ手が汗でびしょびしょでした。やばいやばい、まじか、うそ、しか言ってなかったと思います。人間、極限状態の語彙力なんてそんなもんですよね。曲の途中、3階席と2階席に白く浮かび上がった「ヒロミツ オメデトウ」の文字と、双眼鏡越しに見た北山くんのはにかんだ笑顔が忘れられなくて。藤ヶ谷くんからもらった大きな袋を大事そうに抱きかかえた北山くんを見て涙が止まりませんでした。あんなに幸せな現場にいれてよかった!!!!!木曜日で仕事休んで朝から飛行機のって夜の最終で帰って、家に帰りついたの夜中の2時だったし、次の日普通に8時から仕事だったけど、本当にそんなのどうでもよくなるくらい最高に優しくてあったかい現場でした。(そしてまた土曜日と日曜日に東京ドームに行ったのはここだけの話…)

 

こうやって見返すとジャニ舞台から連ドラ出演、グループ初の単独レギュラー獲得など、ホントに北山くんは幅広くお仕事に恵まれた1年だったのだなあと思います。私にとっても海外まで自担を追っかけたり、自担誕生日に意地の日帰り遠征をしたりなど、ジャニヲタとしての階段を着実に昇った1年でした。(そしてもう後戻りはできないところまで来てしまった気がしています)

北山くんというアイドルに出会えてよかったなあ、と思える現場やお仕事ばかりで、ほんとにハッピーな2015年でした。来年はさらに恵まれた一年になりますように!!北山くんが頑張り続けるかぎり、私も永遠にそのぷりっとしたお尻を追っかけまわしたいと思います!!愛してるよ北山くん!!